テクニック基本~モンテカルロ法1

モンテカルロ法とはもともとシュミレーションを乱数で計算する方法のことを指す。投資やギャンブルにも使われており、モナコ公国のモンテカルロにあるカジノを潰したといわれている。

 

2倍のゲームや3倍のゲーム、それ以上の配当のゲームに幅広く多様できるシステムだ。

やり方は一見複雑そうに見えるが覚えてしまえばなんてことはない。しかし、頭で計算しながら使うには経験が必要なので最初は紙とペンを使うなど準備が必要だ。

1度の勝ちで利益を得るマーチンゲール法などとは違い複数回の勝ちで利益を得なければならない。

 

まず任意で決めた数字を紙に羅列させる。ここではわかりやすく1 2 3とする。

モンテカルロ法では書かれた数字の両端の合計をベットする。

上の場合は1と3の合計、4が最初のベット額だ。1回目で勝てた場合はターン終了となる。4USドル賭けて、勝った分が利益となる。その場合は再び最初の賭け額に戻す。

 

もし負けた場合は右端に、ベットした額を書きたす。

1 2 3 4

となる。

次に賭ける金額も同じ、両端の合計だ。2回目のベット額は5USドル。負ければ同じように右端に数字を書きたす。

勝った場合には数字を消していくのだが、倍率によって異なる。2倍の配当の場合は両端から一つずつ、3倍の配当の場合は2つずつ消す。

数字がすべて消えれば利益が出る。

 

それほど難しくはないが、計画的に使う場合計算は少し手間がかかる。

たとえば上の例にしても最初に負けた額は4USドル。2回目で勝ったとすると5USドル賭けているので2倍だと10USドル手元に戻ってくる。最初に4USドル失って、次にベット額として5USドルベットしているので、返ってきた10USドルからそれらをひくと、1USドルの利益が生まれる。数字は2つまだ余っているが利益が出ている。

その方法は2倍、3倍のゲームにも使えるが、2倍の場合、数字の羅列の合計が最終的な利益額となる。上の例でいくと、数字の合計は6。数字がすべて奇麗に消えた場合、6USドルの利益が得られる。

しかし、3倍のゲームになると利益はもっと増す。2回目で勝った場合は15USドル入ってくることになる。おのずと利益は増える。あくまで数字がすべて消えた場合だ。

 

このモンテカルロ法はその数字を操作することによって利益、ベット額、損失などあらゆる面で調整が可能だ。しかもそれほど多くの資金を必要とせず、あらゆるゲームやベット範囲に応用できる。

まさにカジノを一つ潰しただけのことはある。

人気ランキング

エンパイアカジノ
エンパイアカジノ
エンパイアカジノの売りは何と言ってもライブカジノ!!他のオンラインカジノのライブカジノを圧倒するテーブル数を用意!特にバカラ好き方はおススメです。本気でバカラで勝ちに行きたい方には魅力的な演出があります。お気に入りのディーラーや相性の良いディーラーを探しながらテーブルを回ることも可能!ランドカジノ独特の遊び方をオンラインカジノでも行いたいという方にはおすすめです。

ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノ
Vera&John(ベラジョン) では、本格的オンラインカジノゲームを安全で簡単に遊べるゲーム環境です。ベラジョンカジノでは、ブラックジャックや、ルーレットなどのテーブルゲームから、スロットマシーン、ビデオスロットマシーン と言った多彩なカジノゲームが用意されています。ベラジョンのユニークなインターネットカジノ体験を是非体感してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ