確率~確率の信用性②確率論と感覚値

私のテクニックは数学上1時間に1度失敗する。

 

しかし私は自分のテクニックを披露する中で記載した。

30分に1度失敗する、と。

 

そして別の記事でこうも書いた。

机の上で出した計算は当てにならない。

 

どちらが正解なのかは自分の目で確かめてもらうとして、私の経験上数学で出した1時間に1回と言う確率は、間違いである。

実際はもっと頻繁に発生する。

しかし、それではこの確率の記事の中でかいてきたことと矛盾してしまう。大数の法則だ。この厄介な法則が、数字上の確率を不動のものとし、私たちを苦しめている。これがある限り、1時間に1回と言う確率は絶対的なものとなる。それなのに私の経験上30分に1回だという。どちらかが嘘をついているのだろうか。どちらが真実なのだろうか。

 

実はそこには単純なからくりがある。からくりと言うほどのものですらないかもしれない。

結果から言うとこうだ。私は回数こそこなしてきているものの、それは継続した時間経過の中ではないのである。

オンラインカジノでプレーすること自体、それ相応の体力を使う。ギャンブルと言うと娯楽のイメージが強いだろうが、何事も真剣にやれば集中力を使う。集中力を使うには体力が必要だ。1日にプレーできる時間は私の場合4時間が限界だ。理想としては2時間くらいがちょうどいいだろう。毎日4時間を何年も続けているから、総合のプレー時間は遥かに多いが、1日のプレー時間自体はそれほどではない。

大数の法則は回数をこなせば、数字上の確率により近くなるが、それは時間の経過に左右される。時間に左右されるということは、回数を重ねたかどうかということになる。10000回続けてプレーすれば多少偏りはあるものの計算上の確率により近くなるだろう。しかし、ばらばらに、合計10000回プレーするとなれば条件が変わる。

ここからは運も影響してくるが、数回のゲームの中で見ればゲーム結果には必ず偏りが生じる。これを修正しようとするのが大数の法則なのだ。この修正のタイミングに賭けるかどうか、このタイミングと自分のプレー時間が重なるかどうかが問題となるのだ。

私の感覚値では30分に1回の頻度で発生している負けでも、全体を見れば2時間負けないときもあるし、10分ごとに負けていることもある。これを総合すれば平均1時間に1回の割合で負けていることになる。

しかし、私のプレーするタイミングが30分に1回程度の負けとなるタイミングだったのかもしれない。

 

少なくとも、この方法では30分に1回の頻度で負ける。しかし、長い目で見れば1時間に1回の頻度となる。からくりとは、平均のことなのだ。

人気ランキング

エンパイアカジノ
エンパイアカジノ
エンパイアカジノの売りは何と言ってもライブカジノ!!他のオンラインカジノのライブカジノを圧倒するテーブル数を用意!特にバカラ好き方はおススメです。本気でバカラで勝ちに行きたい方には魅力的な演出があります。お気に入りのディーラーや相性の良いディーラーを探しながらテーブルを回ることも可能!ランドカジノ独特の遊び方をオンラインカジノでも行いたいという方にはおすすめです。

ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノ
Vera&John(ベラジョン) では、本格的オンラインカジノゲームを安全で簡単に遊べるゲーム環境です。ベラジョンカジノでは、ブラックジャックや、ルーレットなどのテーブルゲームから、スロットマシーン、ビデオスロットマシーン と言った多彩なカジノゲームが用意されています。ベラジョンのユニークなインターネットカジノ体験を是非体感してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ