ブラックジャック基本ルール2プレー方法

ブラックジャックはトランプを使うテーブルゲームである。

 

まずディーラーがプレーヤーへ1枚カードを配る。カードは表向きに配られる。

続いてディーラーは自分にも1枚カードを配る。これも表向き。

そして2枚目をプレーヤーに、表向きで配る。最後に自分に2枚目を裏向きで配る。

これでプレーヤーの手元には表向きのカードが2枚。ディーラーの元には表向きのカード1枚と裏向きのカード1枚が配られている。

この時、プレーヤーはもちろんディーラー自身も裏向きのカードはなんなのかは知らない。

 

プレーヤーとディーラーとで2枚以上のトランプの合計が21により近い方が勝ちである。

カードが配られた後、プレーヤーは表向きの自分の手札を見てもう一枚ひくか、このまま勝負するかを決める。

特に時間は決まっていないがだらだらと長引かせるのはマナー違反だ。海外、特に欧米はマナーにはうるさいので気をつけよう。

プレーヤーが手札をこれ以上ひかず、その段階でのカードで勝負するとディーラーへ申告すると、ディーラーは自分の裏に置かれたカードをめくる。

その合計が17未満であればディーラーは必ずカードをひかなければならない。

16以下でディーラーが勝負をすことはない。必ず17以上になるまでひき続ける。そして17以上になったときにプレーヤーとディーラーどちらがより21に近いかで勝敗がきまる。

 

ちなみに手札をひいたことによって合計数字が21を超えてしまった場合は、無条件で負けとなる。相手も21を超えているなら「引き分け」だ。この21を超えてしまうことをバスト、バースト(bust)と呼ぶ。

カードが配られた時点で、プレーヤーがカードをひくことをヒット(hit)、カードをひかずその時点での手札で勝負することをスタンド(stand)という。このバスト、ヒット、スタンドはとても頻繁に使われるので覚えておこう。

 

カードは6デッキを使うのが通例だ。数え方は描かれた数字とは少し異なるので注意しよう。

2~10はその数字のまま数える。10、ジャック(J、11)、クイーン(Q、12)、キング(K、13)はすべて10として数える。エース(A、1)は21を超えない場合は11として数えるが21を超えた場合には1として数える。

 

10、A、Q、KのどれかとAで21になることを「ブラックジャック」「ナチュラルブラックジャック」「ナチュラル21」と呼ばれ最も強い手札となる。他の数字を組み合わせて21を出すよりもブラックジャックの方が勝ちになる。

勝てば配当は2倍、ブラックジャックで勝てば2.5倍。

 

ヒット・・・カードをひくこと

スタンド・・・カードはひかず勝負する手札が決定すること

バスト・・・21を超えて負けること

ブラックジャック・・・10、もしくは絵札とAで21になること

数え方・・・絵札はすべて10として数える。Aは1もしくは11として数える。

以上を押さえよう。

人気ランキング

エンパイアカジノ
エンパイアカジノ
エンパイアカジノの売りは何と言ってもライブカジノ!!他のオンラインカジノのライブカジノを圧倒するテーブル数を用意!特にバカラ好き方はおススメです。本気でバカラで勝ちに行きたい方には魅力的な演出があります。お気に入りのディーラーや相性の良いディーラーを探しながらテーブルを回ることも可能!ランドカジノ独特の遊び方をオンラインカジノでも行いたいという方にはおすすめです。

ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノ
Vera&John(ベラジョン) では、本格的オンラインカジノゲームを安全で簡単に遊べるゲーム環境です。ベラジョンカジノでは、ブラックジャックや、ルーレットなどのテーブルゲームから、スロットマシーン、ビデオスロットマシーン と言った多彩なカジノゲームが用意されています。ベラジョンのユニークなインターネットカジノ体験を是非体感してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ